安全安心の治療の提供を目指して - 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

川崎市、宮前区、評判・宮崎台駅すぐの矯正歯科医院 / 日本矯正歯科学会専門医

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

安全安心の治療の提供を目指して

院内環境改善のため安心安全の治療の提供に向けた当院の取組は、器具の滅菌と研磨ブラシの使い捨て化で院内感染予防を強化することです。

滅菌された器具当院では、歯周病菌や虫歯菌の感染予防はもちろんですが、患者さんに気持ちよく安心して治療を受けてもらう、歯を削る、磨く、空気や水を出す器具等、治療に使用する全ての器具を患者さんごとに滅菌しております。さらに、院内感染予防を強化するため、研磨ブラシのディスポーザブル化(使い捨て)を実施しています。

多くの施設で行っているように、研磨ブラシは滅菌して次の患者さんへと繰り返し使用することもできますが、安心安全のために使い捨てにしました。もちろん、グローブもディスポーザブル化で、手洗いのみで次の患者さんの口腔内を触るようなことはしません。常に新しいグローブを使用します。

歯科用拡大鏡また口腔内をより詳細に把握することができる「拡大鏡」を導入しています。磨き残しなどが見つけやすくなり、治療と合わせて口腔内ケアのアドバイスもトータルで行うことが可能になりました。衛生面、治療環境の向上を常に行っております。

当院における洗浄・消毒・滅菌システム

身体に影響を及ぼす感染症に罹患していることを知らない患者さんもいます。感染症が無い場合でも、器具を拭いただけで使用することは、道徳的、倫理的にも間違っていると思います。さらにう蝕、歯周病はそれら原因菌による感染症で、その予防に努めるよう啓蒙活動を行ってきています。そこで当院では全ての患者さんに感染症があるという前提で、全ての器具を一律に取り扱う診療体制(スタンダード・プリコーション)をとりました。医院スタッフを介した患者さん間の感染だけではなく、患者さんから医院スタッフへの感染も防止することが目的です。

mekkin01.jpg



医療器機専用-自動洗浄消毒器

血液、唾液といったタンパク汚れを、いきなりアルコールで拭くと器具にタンパク質が強力に固着してしまい、不完全な滅菌の原因になります。滅菌の基本はタンパク質の洗浄除去です。当院では医療器具用の洗浄消毒器(ウォッシャーディスインフェクター)を導入しています。最初は低温で、タンパク分解酵素入り洗浄剤を用いて予備洗浄を行った後、100℃近い熱湯で洗浄します。これで、滅菌前に煮沸消毒されます。タンパク汚れが確実に除去されていることで、器具の滅菌の確実性は飛躍的に向上します。

mekkin02.jpg

コントラアングル、タービンを除く全ての使用済み器具の常に均一な洗浄消毒を行う目的で専用自動器機が必要です。患者さんに対する、スタンダードプリコーション(標準感染予防策:Standard Precaution)は勿論ですが、医療従事者側の手動洗浄時に起こる穿刺、切創予防にも大変重要です。


mekkin03.jpg

自動洗浄消毒を効果的に行うために、庫内にコンテナを一定に配列し洗浄消毒液を均一に循環させます。唾液を吸うバキュームなどの筒状器具はコンテナに入れずに直接洗浄消毒できるようになっています。


mekkin04.jpg

コンテナ内には、診療時使用する基本セットとしてミラー、探針とピンセットが入っています。コンテナには多くの穴が開いており洗浄消毒が十分に行えるようになっており、この穴は次の滅菌の工程にも必要です。



クラスS-小型高圧蒸気滅菌器

タービンやコントラアングルの滅菌効果を確実にするにはクラスS以上の滅菌器を使用する必要があると考えております。滅菌前に器具の徹底した洗浄を行うことが、確実な滅菌を行う上で大変重要です。タービンやコントラアングルは,回転を止めると一時的に内部陰圧が生じ口腔内の唾液や血液を吸い込むサックバック現象を起こします。汚染した内側回路の手作業による洗浄は非常に難しく、唾液や血液などのタンパク質を凝固させないことを目的として、冷水から洗浄を開始し最後は熱水にて洗浄を完了することで汚れを効率的に取り除きます。このようにコントラアングルおよびタービンの内外側を確実に洗浄滅菌しております。

mekkin05.jpg

まず内側回路を冷水(タンパク質凝固防止のため)で隅々まで洗浄します。手作業による内側洗浄はほぼ不可能と考えております(①工程)。その後、器具メインテナンスのための注油を行います(②工程)。次に外側を冷水と熱水で洗浄します(③工程)。DACユニバーサルを使用して内外側の洗浄を行い、最適な滅菌処理が行えるように準備を行います。最後に高圧蒸気による滅菌作業を行います(④工程)。



クラスN-高圧蒸気滅菌器

クラスN高圧蒸気滅菌器は、基本的に滅菌パックと言われる袋の中に入れたものは滅菌が不十分になること、滅菌後に滅菌パックが濡れると滅菌性が保たれないことが知られています。当院では滅菌パックを使用せずに、診療時基本セットは多くの穴が空いたコンテナに入れ飽和蒸気が基本セットに行き届くようにして、確実な滅菌が可能になるようにしています。滅菌作業終了後、コンテナ外部への接触はあってもコンテナは洗浄から滅菌終了と保管まで蓋を開けることはないため、内部の基本セットは清潔な状態が維持されています。

mekkin06.jpg



ホルムアルデヒドガス滅菌器

ホルムアルデヒドは一般的には多くの微生物や細菌に有効で、ホルムアルデヒドの持つ親水性と水溶性を利用することで蒸気との混合気体が芽胞形成菌外膜へ吸着、浸透し細菌芽胞を死滅させます。ガス滅菌は高圧蒸気器滅菌に比べてはるかに低い温度で作用するため、熱によって変質しやすい蒸気滅菌に不向きな器材が滅菌対象とされ、非耐熱性の手術器具、プラスチック類、チューブ類、唾液吸引等単純筒状器具、刃付インスツルメント、ゴム材質製品などが対象となります。

mekkin07.jpg

①歯を動かすためのパワーチェーン、②写真撮影時に唇を引っ張る口角鉤、③口腔内写真撮影用ミラー、④ハサミ、⑤刃付き矯正用インスツルメント、⑥歯ブラシなど。


mekkin08.jpg

洗浄消毒から始まり、滅菌終了までに約2時間かかるため診療に使用する器具を数多く揃えておく必要があります。更に診療時使用するグローブを患者さんごとに使い捨てにすること、当院ではクリーニングの際使用する研磨ブラシも使い捨てにしてスタンダードプリコーションの考えを徹底しています。

このページのトップへ