不正咬合の種類 - 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

川崎市、宮前区、評判・宮崎台駅すぐの矯正歯科医院 / 日本矯正歯科学会専門医

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

不正咬合の種類

叢生(そうせい)

「乱杭歯(らんぐいば)」「八重歯」とも呼ばれています。歯の大きさが大きかったり、顎の大きさ、特に横幅が狭いことで歯が生えるスペースが足りなくなりガタガタになる状態です。永久歯抜歯や顎を広げることで歯の生えるスペース作りをして治療をしていきます。

叢生(そうせい)

このページのトップへ

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

「出っ歯」とも呼ばれています。前歯の傾きにより目立つ人もいれば、そうでない人もいます。上顎前突には「上のアゴが出ている」上顎前突症と「下のアゴが引っ込んでいる」下顎後退症があり、2種類のタイプが存在します。上顎前突では上顎奥歯の後方移動をして治療します。また下顎後退症では下顎骨の前方成長を誘導して治療します。日本人の場合、ほとんどが「下のアゴが引っ込んでいる」下顎後退症です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

このページのトップへ

反対咬合(はんたいこうごう)

「受け口」とも呼ばれています。下の前歯あるいは下顎全体が前に出ている状態をいいます。下の前歯の傾きにより反対咬合となっている歯槽性反対咬合と下顎自体が大きく前方に成長している骨格正反対咬合があります。歯槽性反対咬合では、主に上顎前歯の前方傾斜と下顎前歯の後方傾斜により治療を行います。骨格正反対咬合では上顎骨の前方成長を誘導し、下顎の成長方向を変えることで治療を行います。(骨の成長自体を止めるたり、弱めることはできません。)

反対咬合(はんたいこうごう)

このページのトップへ

過蓋咬合(かがいこうごう)

歯を噛み合わせたとき、上の前歯が下の前歯を覆い隠し、下の前歯がほとんど見えなくなる状態の噛み合わせです。噛み合わせが深いと下顎の動きが制限される可能性が高く、その結果口腔周囲の発育に影響が出ると考えられます。上下顎前歯をもぐらせたり、上下奥歯をのばしたり、また下顎を前方成長させることで治療を行ないます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

このページのトップへ

開口(かいこう)

普通に噛んでも奥歯の数本しか噛むことができず、前歯が噛み合わない状態の噛み合わせです。舌の癖、指シャブリさらに口呼吸などが原因ともいわれています。小児矯正では矯正治療と同時に悪習癖の改善を図るよう指導します。また成人矯正では上下顎奥歯をもぐらせることで治療を行ないます。

開口(かいこう)

このページのトップへ

交叉咬合(こうさこうごう)

上下顎奥歯の噛み合わせが横にずれた状態で上下顎前歯の中心がズレることもあります。また顔の曲がりも認められる場合が多いです。一般的に下顎側方偏位とも呼ばれており下顎に原因が或ると思われますが、多くの場合は上顎骨幅径が狭く上顎の拡大をすることで治療を行います。また、成人で顔の曲がりが顕著な場合は、手術を併用した矯正治療が必要です。

交叉咬合(こうさこうごう)

pagetop01.gif